京都電子工業株式会社

はじめてのお客様

密度比重計ってどんな装置?

密度比重計ってどんな装置?

KEMの密度比重計は、固有振動周期測定方式といって一般的には振動式と呼ばれています。
文字通り、測定部を振動させその周期を読み取っています。
主に液体の密度や比重の測定に使われ、少量・短時間・高精度と、他の方式に比べて導入メリットの非常に高い装置です。

KEM製密度比重計の測定原理

右図のように、一端が固定された棒の先端に重りが付けられている状態を考えてみて下さい。指で重りをはじくと棒が振動をはじめます。
振動の仕方に注目すると、重りが重いほどゆっくりと振動し、重りが軽いほど速く振動します。これは、重りの質量に比例したその物質固有の振動周期で振動しているのです。
従って、体積が一定の容器であれば密度の大きさは質量に比例するので、この振動周期を測定することによって、密度を求めることができます。

画像をクリックで拡大します

密度比重計