京都電子工業株式会社

はじめてのお客様

滴定装置ってどんな装置?

滴定装置ってどんな装置?

滴定とは、試料に濃度のわかっている試薬の溶液を作用させ、反応した試薬の体積から定量を行う分析手法です。 従来は、ガラス製のビュレットで試薬を滴下し指示薬の色の変化で終点を判断していました。 それを自動で試薬滴下、終点判断し濃度計算までしてくれるのが「電位差自動滴定装置」なのです!

KEM製電位差自動滴定装置?の測定原理

試料内の測定目的物質と濃度既知の試薬が定量的に反応することを利用し、試薬を滴下し当量点までの試薬消費量より試料中に測定目的物質がどのくらい含まれているかを測るために行います。

手分析では指示薬を用いて、色の変化で当量点(終点)を検出します。

また、滴定装置では電極で電位(pH)の変化で当量点(終点)を検出します。

滴定装置はどこで使われるの?

化学工業
【品質管理・検査・試験・研究】

上水
【分析・試験】

石油製品
【品質管理・検査・試験】
製薬・医薬品・化粧品
【品質管理・開発】

油脂
【検査・製造・開発】
食品・食品加工
【品質管理・分析・試験】

めっき業界
【検査・製造・開発】
どの業種においても品質管理・検査・試験関連の部署で使われています。
アプリケーションページへ