京都電子工業株式会社

会社情報

新製品 ハイブリッドカールフィッシャー水分計 MKH-700を発売

2012/12/27

分析機器製造販売の京都電子工業株式会社(京都市南区吉祥院新田二の段町68 代表取締役社長 勝木謙三)は、世界初の新機能を備えたハイブリッドカールフィッシャー水分計MKH-700の発売を開始します。

ハイブリッドカールフィッシャー水分計MKH-700は、世界初の新機能として『ハイブリッド法』による「容量法」と「電量法」を併せた高速で高精度な測定、『電解力価測定』による純水を使わない力価測定など、新たに便利な機能を搭載しました。
従来の測定方法では、サンプルの採取量を調整し測定を行う必要がありました。新機能『ハイブリッド法』をご使用頂くことで、容量法と電量法を自動で切換え測定を行いますので、任意のサンプル採取量で高速・高精度な測定が可能になります。また、新機能『電解力価測定』をご使用頂くことで、ボタン1つで全自動にて力価測定が可能なため、従来の容量法で必要であった「純水」「秤量作業」「測定作業」が省けます。
ハイブリッドカールフィッシャー水分計MKH-700は水分計の最高級機として、今までにない機能でお客様の測定作業の自動化をお手伝いします。

特長

1) 新機能!! ハイブリッド測定
容量滴定と電量滴定を並行して行うこと(ハイブリッド測定)で、高水分量の試料でも高精度に短時間で測定を行うことができます。
2) 新機能!! 電解力価測定
逆電量滴定のヨウ素をヨウ素イオンに分解する反応を利用して、カールフィッシャー試薬の力価測定を純水の使用なしに、簡単に行えるようになりました。
3) 新型!! 容量法・電量法一体型滴定セル
密閉性を確保しながら、滴定瓶と蓋を分離構造にすることで利便性を向上させました。
4) 新型!! 隔膜交換式電解電極
電解電極の隔膜(セラミック)を取り外し可能にすることで、石油など隔膜が汚れやすい試料を測定した後でも簡単に電極を洗浄できます。
5) 1台で容量法・電量法が可能
1つの装置、1つの滴定セルで容量法・電量法それぞれの測定が可能です。
6) 外部入出力にUSBメモリが使用可能
USBメモリに測定結果、メソッドを保存しデータを電子記録として管理することができます。

装置用途

食品、工業製品、医薬品、石油製品 他

基本仕様

電量法 測定範囲 水分量 10μg ~ 300mgH2O
測定精度 相対標準偏差 1mgH2O測定時、0.3%以下 (n=10)
表示分解能 0.1μg
容量法 測定範囲 水分量 100μg~500mgH2O (KF試薬力価に依存)
ビュレット 容量 10mL
分解能 0.005mL
ハイブリッド法 測定範囲 水分量 10μg ~ 500mgH2O
測定精度 相対標準偏差 10mgH2O測定時、0.3%以下(n=10)
(KF試薬力価 3mg/mLの場合)
表示分解能 0.1μg
電解力価測定 測定範囲 KF試薬 力価1相当~力価5相当 (滴下量の規定あり)
測定精度 相対標準偏差 0.5mL KF試薬 (力価3mg/mL) 測定時
1.0%以下 (n=10)
外部入出力(測定ユニット) RS-232C、SS-BUS、K-NET
電源(測定ユニット) AC100-240V 50-60Hz (ACアダプタ)
消費電力(測定ユニット) 約80W
外形寸法(測定ユニット) 幅141mm×奥行296mm×高さ383mm(配管除く)
質量(測定ユニット) 約4.5kg
定価: 1,500,000円(税別)
発売日: 平成24年12月より発売開始

問い合わせ先

製造元: 京都電子工業株式会社
電話: 03-3239-7331
FAX: 03-3237-0537
担当: 営業企画部

関連リンク