京都電子工業株式会社

会社情報

新製品 All in one型全自動密度計 ASDA-5000を発売

2011/01/25

分析機器製造販売の京都電子工業株式会社(京都市南区吉祥院新田二の段町68 代表取締役 社長 勝木謙三)は、飲料等の品質管理に適した分析装置として省スペースで48検体の高精度の連続測定を誰でも簡単に行えるAll in One型全自動密度計ASDA-5000を2011年1月より発売開始しました。
当社はこれまで分析装置メーカーとして“測定”に真摯に取り組む中で、非常に高精度な分析装置を作り上げてきました。新製品ASDA-5000は、高精度な測定を誰でも簡単に行うことを可能とし、日々大量の試料を連続的に分析する現場に則した分析装置を提供することを目的に開発しました。分析装置の新しい形を提案します。
新製品ASDA-5000は、振動式密度計と自動で測定対象となる試料を交換できるオートサンプラーを一体化し、誰でも簡単に高精度な測定を連続的に行う分析装置です。

主な特徴

  • オートサンプラー部は、従来のターンテーブル型でなく新機構のエレベータ昇降式を採用し立体的に試料をセットできる構造とし、限られた空間を有効利用しました。
  • 連続測定開始後にも、試料の交換や追加を行うことが可能です。
  • 設置面積は、48検体連続測定が可能でありながら30検体連続測定可能な従来システムの2分の1以下。
  • 試料吸引時に試料びんを少し傾けてサンプリングを行う新機構『V-tiltシステム』を採用し、測定に使用する試料量を最少5mLと少試料での分析を実現しました。
  • 複雑な設定を省き、表示画面は日本語表記、直感的に使用できるタッチパネルを採用することにより特別な知識やトレーニングを必要とせずに高精度な連続測定を行うことができます。

用途

食品、飲料等の液体密度測定による品質管理、酒造におけるアルコール濃度の測定

仕様

項目 仕様
測定範囲 0 ~ 3 g/cm3
測定精度 ±0.00005 g/cm3
検体数 48検体
必要試料量 最少 5ml
外形寸法・質量 390 (W) × 440 (D) × 855 (H) mm   約45kg
定価: 3,200,000円(税別)
発売日: 2011年1月より発売開始

問い合わせ先

製造元: 京都電子工業株式会社
電話: 03-3239-7331
FAX: 03-3237-0537
担当: 営業企画部

関連リンク