京都電子工業株式会社

会社情報

第4回ドリンクジャパン [飲料] [液状食品] 開発・製造展

2019/11/15

弊社展示ブースでは、画期的な飲料分析装置や、様々なご用途に合わせた製品を紹介いたします。「使いやすさ」「全自動」「新発想」をテーマとして、様々なアプリケーションを提案してまいります。

会期・出展場所

日  時 令和元年11月27日(水)~11月29日(金)
10:00~18:00(最終日は17時終了)
会  場 幕張メッセ
出展場所 幕張メッセ [ 食品分析・品質管理ゾーンD3-58 ]

出展内容

  • 迅速アルコール測定システム『SDKシステム』
    水蒸気蒸留装置により、蒸留酒・醸造酒のエタノール、水とエキス分を分離し、得られた留液(エタノール、水)の密度から、アルコール濃度を算出するシステムです。
    測定対象は以下の通りです。
    酒母、醪、清酒、リキュール、果実酒、単式蒸留焼酎、みりん、スピリッツ
    ※SDK法 : 国税庁所定分析法と異なる測定方法で合理的かつ正確であると認められる方法
  • 飲料分析統合システム『iBAS-7000シリーズ』(パネル展示)
    飲料分析に必要不可欠な項目を自動で分析、装置内の洗浄までを自動化した画期的なシステムです。
    測定項目は以下の通りです。
    炭酸用 iBAS-7100 :ガスボリューム、エアーコンテント、Brix、pH、酸度
    非炭酸用 iBAS-7000 :重量、Brix、pH、タンニン、色調、濁度、DO、残留気体量、O2