京都電子工業株式会社

会社情報

酒類用振動式密度計<ALM-155>(20℃専用)販売開始

2019/04/24

当社は振動式密度計の製造において、1978年から長年の歴史があり、これまで酒類醸造会社向けに酒類用振動式密度計DA-155販売し実績を積んでまいりました。この度、酒類用振動式密度計の新シリーズとして、20℃アルコール測定専用機となる「ALM-155」を開発しました。ALM-155は20℃での測定管理専用として幅広くご利用いただける装置となっております。

特長

少量試料かつ簡単操作

ALM-155にはペリスタリックポンプが標準で搭載されており、測定試料の自動サンプリングが可能です。必要なサンプル容量はわずか8mLです。また自動繰り返し機能による再現性試験も可能です。アルコール濃度の測定(前処理として蒸留が必要)や密度・比重の測定は、ボタンを押すだけで開始され、1検体あたりの測定時間は2〜4分です。

純水だけで校正が可能

ALM-155は高価な標準液を必要とせず、純水だけで校正が可能です。日常のメンテナンスも簡単で、測定セルを純水または台所用洗剤で洗浄することで装置の維持管理が可能です。

測定結果の自動保存

測定結果は手書きで記録する必要はありません。最大100検体の測定結果を本体に保存することができます。また測定結果はCSV形式にてUSBメモリに保存できます。

装置用途

ワインやビールの醸造所、スピリッツなどの蒸留酒の醸造所、蒸留所でのアルコール度、密度、比重の測定。(醸造時、蒸留時、瓶詰時など)20℃専用での分析。

仕様

測定項目 測定範囲 測定精度
アルコール度 0.00 ~ 100.00 vol% ± 0.10 vol%
密度 0.69937~1.24887g/cm3 ±0.0001
比重 0.70000 ~ 1.25000 ± 0.00010

※日本酒度および重ボーメ度は測定できません。