京都電子工業株式会社

会社情報

カールフィッシャー水分計(容量滴定法) <MKV-710D> 販売開始

2019/12/17



GMP(製造管理および品質管理の基準)に基づいたデータの完全性(Data Integrity)対応を支援するため開発したカールフィッシャー水分計(容量滴定法)です。
パソコン不要で、本体にデータインテグリティ対応支援機能を搭載しました。
最大2台の同時測定が可能で、無線接続可能なタッチパネル式大型カラーLCDを採用しています。
お持ちのMKV-710M/SをバージョンアップでDモデルへ変更できます。

特長

  • パソコン不要で DI(データインテグリティ,データの完全性)対応を支援
    アクセス制限:担当者IDとパスワードによる認証
    権限管理:担当者毎に編集制限などの権限設定
    監査証跡(Audit Trail):自動的に操作履歴を記録
    電子承認、電子署名:ワークフローによる電子承認、電子署名
    バックアップ/リストア:任意周期での自動バックアップ
    アーカイブ/アーカイブ表示:データの退避、アーカイブしたデータは装置で閲覧可能
    データ容量:メイン画面のアイコンで残量を常時確認
    セキュリティ設定:パスワードの長さの設定、ロックアウト
    LIMS対応:LIMSシステムへの出力モード
  • タッチパネル式大型TFTカラー液晶ディスプレイ(8.4 インチ)を採用
  • タッチパネル操作部と滴定部を無線 (Bluetooth®)により分離して使用可能
  • 新型ビュレットユニット搭載
  • 自動力価校正
  • 滴定結果を PDF で出力できます
  • リアルタイム水分量表示
  • ビュレットを 1 台と 2 台タイプを選択可能
  • 溶剤、試料毎の設定(分極電流,終点電位)変更が不要

仕様

名称カールフィッシャー水分計
Model MKV-710D
測定方式カールフィッシャー容量滴定法
測定範囲水分量:0.1~500mgH2O(カールフィッシャー試薬力価に依存)
水分濃度:1ppm~100%H2O
ビュレット精度容量:10mL
精度:10mL±0.015mL, 再現性±0.005mL
終点検出方式双極白金検出電極による分極電位検出による
終点判断方法指定分極電位を終点判断時間維持した場合を終点とする
終点判断時間設定範囲 :1~99秒
滴定様式正滴定 / 逆滴定(オプションビュレット接続時)
溶剤必要量30~100mL(S形フラスコ使用の場合)
その他の機能1)ドリフト自動補正機能
2)試料投入自動検知による測定開始機能
3)ブランク値を最大各10種類記憶
4)試薬の自動給排機構付スターラー又は手動給排液付スターラー又は標準スターラー
キー操作タッチパネルによるダイレクト操作
表示機能8.4インチ カラー液晶ディスプレイ800×600ドット
日本語
2ch同時表示可
計算機能濃度計算、統計計算処理(平均値、標準偏差、相対標準偏差)
ブランク及び試薬力価自動入力機能搭載
データ記憶メソッド数 :120種 (1Chごと)
測定結果 :5,000検体 (1Chごと)
操作履歴 :100,000件 (1,2Ch共有)
DI対応
支援機能
アクセス制限:担当者IDとパスワードによる認証
権限管理:担当者毎に編集制限などの権限設定
監査証跡(Audit Trail):自動的に操作履歴を記録
電子承認、電子署名:ワークフローによる電子承認、電子署名
バックアップ/リストア/アーカイブ:任意周期での自動バックアップ、データの退避
外部入出力RS-232C×4:
 プリンタ、天びん、データ収集ソフト(SOFT-CAP)、気化装置用
USB×1:
 USBメモリ、プリンタ、A4プリンタ(EPSON製)、キーボード、
 バーコードリーダ、フットスイッチ、USBハブ用
SS-BUS×1 :
 APB用(制御ビュレット最大2台(本体内蔵2台含む))
LAN× 1 :
 パソコン用