京都電子工業株式会社

製品紹介

熱計測機器

迅速熱伝導率計 <QTM-710/QTM-700>

qtm710

くっきり見やすい、タッチパネル式5.7型TFTカラー液晶ディスプレイ
センサを駆使することによって、多種多様な材料の熱伝導率測定が可能

熱中症指標計《スポーツ用》<WBGT-203A / 203B>

wbgt203
  • (財) 日本体育協会は、熱中症予防のために使用を推奨。
  • 熱中症予防のひとつとして、WBGTが手軽に測定できるハンディ形熱中症指標計です。

熱中症指標計《産業衛生用》<WBGT-213A / 213B>

wbgt213
  • 日本産業衛生学会は、温熱ストレスによる健康障害を予防するための指標として勧告。
  • 熱中症予防のひとつとして、WBGTが手軽に測定できるハンディ形熱中症指標計です。

暑熱環境計 <WBGT-101>

wbgt101

労働環境やスポーツ現場の熱ストレスの評価値測定

定置形暑熱環境計 <WBGT-101S>

wbgt101s

屋外での連続定点測定が可能な暑熱環境計(WBGT計)です。
屋外での測定データを屋内で監視することができます。

レーザフラッシュ法 熱物性測定装置 <LFA-502>

lfa502

産業技術総合研究所の技術指導にもとづく熱拡散率の高精度測定装置。
JIS R1611-2010「ファインセラミックスのフラッシュ法による熱拡散率・比熱容量・熱伝導率の測定方法」に準拠。

ホットディスク法 熱物性測定装置 <TPS 2500 S/1500/500 S/500>

tps1500

断熱材からセラミックス,金属等の固体,液体,粉体,ペースト類,ゲル状試料等の
熱伝導率、熱拡散率の測定及び単位体積あたりの比熱容量を算出。

ポータブル熱流計 <HFM-201>

hfm201

色々な現場で、手軽に熱流と温度を1点測定できるハンディタイプの熱流計
熱流センサTR2-Bが標準付属

多点熱流計 <HFM-215N>

hfm215n

熱流センサ最大8本接続して、熱流と温度を多点測定できる熱流計
小型、軽量でデータロガーのモビリティを追求
Eメール送信機能やWebモニタリング機能などを標準装備

サーマルマネキン

thmms

居住空間の快適性や衣服類の防寒性などをテストする人間の温熱ダミー

アメニティメータ <AM-101>

am101

“暑い”"寒い”といった人間の温熱感覚を数値で表わす快適性環境計

放射率計 <D and S AERD>

dsaerd

各種材料表面の熱放射率を手軽に測定

AM・WBGT 計測ソフトウェア<SOFT-101AM>

soft101am

アメニティメータ<AM-101>・暑熱環境計<WBGT-101>のデータ収集ソフトウェアです。
Windows® 2000(SP4以降)/Windows® XP(SP1以降)/Windows® Vista/Windows® 7で簡単操作。

データ収集ソフト <SOFT-CAP>

softcap

京都電子工業製の分析計とパーソナルコンピュータを接続して、分析データを直接パソコンのファイルに取り込んで整理できるソフトウェアです。

オプション