京都電子工業株式会社

製品紹介

水分気化装置 <ADP-611>

adp611
  • 試料ボートの移動を密閉状態の管外からマグネット方式で行うため、大気中の湿分の影響が少なく、微量水分まで信頼性のある測定が可能。
  • ボートの空焼きを自動化することで、試料測定間隔の短縮化が図れた。
  • 最適気化温度スキャンモードの採用で、気化温度の設定が容易。
  • 水分計本体から測定条件の設定が行えて便利。
  • 加熱管はシンプルな構造になっているため洗浄が容易。
形式名称 水分気化装置 ADP-611
加熱方式 透明導電性発熱ガラス
加熱温度範囲 50~300℃
加熱温度調節 設定温度範囲:50~300℃(最小設定1℃)
温度測定:K熱電対(精度:±2℃)
温度表示,流量表示 LED 3桁 デジタル表示
加熱管 パイレックスガラス管 :30(O.D)mm×320(L)mm
試料ボート パイレックスガラス製:68(L)×25(W)×15(H)mm,容量16mL
キャリアガス 窒素ガス:標準付属品には含まれない
空気:内蔵エアーポンプをオプションとして用意
ガス乾燥 ゼオライト筒(約100g)×2本
ガス流量 100~300mL/min
外部制御入出力 カールフィッシャー水分計との通信:RS232C MiniDIN8ピン
電源 AC100ー120VまたはAC200-240V,  50/60Hz
消費電力 300W
外形寸法 370(W)×195(D)×217(H)mm
質量 約7kg