京都電子工業株式会社

製品紹介

自動滴定システム<AT-710 / CHA-700>

AT-710M2

              ※タッチパネルあり/なしは選択になります。

可能な限りシンプルな操作で連続測定ができるよう開発された全く新しい発想の自動滴定システムです。
試料テーブルNo毎に、測定パラメータを予め設定しておくことが可能で、試料を容量で採取した場合はビーカを置くだけで、置いた順に測定をします。
その他にも随所に新機構を取り入れ、コストパフォーマンスの非常に高い製品となっています。

特長

測定パラメータの読み出し不要! 簡単置くだけ!

テーブルNo1~3は酸度測定、No4~6は塩分測定といったように、テーブルNo毎に測定パラメータを設定可能!
試料を置いた順番に自動測定していきます。
測定毎にパラメータ設定をする必要が無いので、格段に効率が上がります。

急な割り込み測定も直感操作で簡単!

CHA-700なら簡単に割り込み測定が可能!
割り込み試料をテーブルの空きスペースに置き、先に並んでいた各試料を一度持ち上げて戻すだけです。いっさいキー操作は必要ありません。

メンテナンスらくらく! ビュレットに新構造!

試薬交換時のシリンダ内残液が従来タイプの構造に比べ激減し、試薬交換が格段に楽になりました。

専用設計ならではの一体感!

多検体チェンジャ上部にAT-710本体を乗せる設計になっているので、一体感のあるコンパクトデザインになっています。設置面積は従来機の約半分になっており、設置場所を選びません。

高精度ビュレット搭載! ±0.01mLを実現!

高級機種と同等のビュレット精度を確保!
他社同クラス滴定装置のビュレットは、分解能が1/10,000なのに対しAT-710は1/20,000の分解能を有しています。
しかも京都電子工業は、全数容量確認試験をしているので安心です。

ビュレット2機搭載でもこのサイズ!

コンパクト設計の本体に、新開発のビュレットを2機搭載可能!
従来機の約半分まで設置面積を縮小しました。
操作キーも7個とコンパクトにまとめ、操作性も良好です。

USBインターフェースで操作性向上!

測定結果やパラメータの保存・読み込みが簡単!
しかも数字入力用キーボードや測定開始フットスイッチなど、いろいろなオプション機器が接続できます。

プロペラスターラーで異物混入の心配なし!

スターラー回転子を使用しないので、万一の異物混入リスクを軽減できます。
また、回収が不要なので薬品に触れる機会が減り安全な上、作業効率も飛躍的に 向上します。

自動滴定システム仕様

検体数 6検体 11検体
適用試料容器 250・200mLビーカまたは200mLディスポカップ
【オプション】
100mLディスポカップ・100mLビーカ・50mLビーカ・100mLトールビーカ・70mL専用容器
100mLディスポカップ・50mLビーカまたは70mL専用容器
検出範囲
1)電位差 -2000mV~+2000mV
2)pH -20.00~20.00pH
3)温度 0~100℃
滴定モード 自動制御滴定/自動間欠滴定/間欠・連続等速滴定/スタット
メソッド数 20種類
滴定の種類 電位差滴定(中和滴定/酸化還元滴定/沈殿滴定)/光度滴定/分極滴定/電導度滴定
滴定様式 終点自動停止法/設定電位停止法/全量
特殊用途 電極電位(pH、電位)の測定、酸解離定数(pKa)
洗浄方式 専用位置でのビーカ浸漬、シャワー洗浄(オプション)
洗浄液 純水またはアルコールなど 純水
攪拌装置 プロペラスターラー攪拌(スターラー、前処理スターラーは不可)
駆動 テーブル上下駆動、アーム回転移動
ディスプレイ LCD(白色LEDバックライト付)
データ記憶 50検体
GLP支援機能 担当者名登録/校正結果の記録/電極校正履歴の記録/ビュレット容量検定機能/
通電時間管理
ビュレット容量 20mLガラスビュレット(標準)
オプションで10mL、5mLビュレットユニットを用意
プリアンプ
1) STD pH(mV)とmVの2入力可能な増幅器(標準)
2) PTA 光度の入力可能な追加増幅器
3) POT

分極の入力可能な追加増幅器

4) CMT 導電率の入力可能な追加増幅器(工場組込対応)
5) TET pH(mV)の入力可能な追加増幅器(工場組込対応)
外部入出力 RS-232C ×2ch
USB ×1ch
SS-BUS ×3ch(空き1ch)