京都電子工業株式会社

製品紹介

電位差自動滴定装置 <AT-710S>

AT-710MCU1

キー入力が簡単に行えるタッチパネル式大型カラーLCD(8.4インチ)。
滴定中の温度を監視し、安全に測定

特長

  • ビュレットユニットに試薬情報を記録できます(スマートビュレット)
  • 電極側に情報を記録できます(スマート電極)
  • 新型ビュレットユニット搭載
  • タッチパネル式大型カラーLCD(8.4インチ)を採用
  • ユーザーグループ権限設定機能
  • 2つの異なる検出電位(pHと透過率,pHと導電率,pHと温度など)を同時記録
  • 滴定中の温度を監視し、安全に測定
  • 滴定結果をPDFでUSBメモリに出力できます

用途

工業製品、医薬品、食品、石油製品 他

仕様

名称 電位差自動滴定装置
Model AT-710M
電位差自動滴定装置
Model AT-710S
検出範囲
電位差 -2000mV~+2000mV
pH -20.000~20.000pH
温度 0~100℃
滴定モード 自動制御滴定/自動間欠滴定(ブランクモード含む)/間欠・連続等速滴定/スタット/石油製品中和価滴定/COD制御/ラーン
メソッド数 標準メソッド120種
コンバインドメソッド10種(最大連結5メソッド)
滴定様式 全量滴定法(終点自動検出)/終点自動停止法/設定電位停止法/自動交点検出/自動終点・設定電位停止法
特殊用途 電極電位(pH、電位)の測定、酸解離定数(pKa)
2系統入力電位の同時記録(例:滴定量 vs pH+%T, 滴定量 vs pH+uS)
キー操作 タッチパネルによるダイレクト操作
表示機能 8.4インチ カラー液晶ディスプレイ800×600ドット
日本語/英語/中国語(漢文)/韓国語/ロシア語/スペイン語/ドイツ語/フランス語の8ヶ国語対応
4ch同時表示可
(カールフィッシャー水分計との同時表示も可)
1ch表示
計算機能 濃度計算、統計計算処理(平均値、標準偏差、相対標準偏差)
ブランク及びファクター自動入力機能搭載
データ記憶 500検体
GLP支援機能
担当者名登録、ユーザーグループ権限設定
滴定試薬 ファクター測定日の告知、試薬残量警報機能
ピストン交換日告知機能、試薬交換日告知機能
試薬ファクター測定履歴
点検測定 点検日の告知機能および点検結果の記録
電極管理 校正日の告知機能および電極校正履歴の記録、電極チェック、
電極チェック履歴
ビュレット容量検定 検定機能および検定結果の記録
通電時間管理 装置の稼働時間表示
プリアンプ
1) STD pH(mV)とmVの2入力可能な増幅器(標準)
2) PTA 光度の入力可能な追加増幅器
3) POT

分極の入力可能な追加増幅器

4) CMT 導電率の入力可能な追加増幅器(工場組込対応)
5) TET pH(mV)の入力可能な追加増幅器(工場組込対応)
外部入出力
RS-232C×3 プリンタ、 天びん、データ収集ソフト(SOFT-CAP)用
SS-BUS×1 多検体チェンジャ、 APB用
ELE.×1 スマート電極用
USB×1 USBメモリ、プリンタ、A4プリンタ(EPSON製)、キーボード、
バーコードリーダ、フットスイッチ、USBハブ用
TEMP.COMP. 試薬容量補正用温度センサ入力端子及びセンサ Pt100
(温度読取精度:±0.5℃(ビュレット1のみ))
LAN×1 パソコン用
-

Burette unit EBU FCC Part15 SubpartC FCC ID:2ABSVEBU01