京都電子工業株式会社

製品紹介

滴定装置用ソフトウェア <AT-Win>

atwin

AT-710B/AT-700/AT-510/AT-500N電位差自動滴定装置を多機能化して使用できるソフトウェア
AT-710Bと接続時はAT-710M相当の機能を使用可能です。

  • Windows® 7 またはWindows® 10 パソコンで簡単操作
  • 結果データ、メソッドデータなどのデータをPDFで出力することが可能
  • AT-Win 1式で、複数台の滴定装置を同時に動かすことが可能 ※1
  • ナビゲーション(設定Wizard)機能を搭載 : 試料分類、分析項目、測定レンジなどを入力するだけで、測定条件が自動的に設定できる機能
  • セキュリティ機能を充実 : “いつのまにかパラメータが変更されていた!”などというような事がないように、ユーザIDやパスワードを設けることが可能
  • SOPマクロ機能 : 最大20ステップまでの任意のメッセージやサイズ入力などが、Win画面上で表示可能
  • GLP機能を豊富に搭載
  • ER-PACK LSを導入することで電子記録・電子署名への対応を支援
  • 操作ロック機能を搭載
  • フォルダ自動作成機能を実装
  • 滴定に使用したパソコン以外のパソコンからも、滴定結果の再解析や再計算できるネットワーク環境に対応可能

※1 複数台の滴定装置をご使用になる場合、台数分のキーコードカードが必要となります。

オペレーティング
システム
Windows® 7 Professional (SP1以上)32bit版または64bit版
またはWindows® 10 Pro 64bit版 ※1
メモリ 1GB以上のRAM
ハードディスク 40GMB以上の空き容量
アプリケーション
ソフト
Adobe® Acrobat® Reader® 9.0以上
ディスプレイ 1024×768以上表示可能なディスプレイ
ディスク装置 CD-ROMドライブまたはDVD-ROMドライブ
通信ポート RS-232C D-SUB(オス) 9ピンまたはUSBポート: 1ポートが必要 ※2
拡張スロット
(増設時に使用)
PCI又はPCIExpressx1スロット以上の空スロット
※1 ER-PACK LS使用時の必要システムはER-PACK LSのページをご参照ください。
※2 1) シリアルポートは電位差自動滴定装置ごとに必要です。また、天びん、バーコード等をパソコン側に接続する場合も個別にシリアルポートが必要です。
2) モデムが内蔵されている場合は、すでにシリアルポートが1ポート使用されている可能性がありますのでご注意ください。