京都電子工業株式会社

製品紹介

大気中塩化水素自動計測器 <HL-48>

hl48

環境大気中の微量塩化水素濃度をイオン電極法で連続的に測定する装置で、テレメータとの接続も可能です。

特徴

  • 双イオン電極法によって、0~50ppbレンジの安定した微量濃度の測定ができます。
  • 多量の大気を吸引できる特殊検出セルの採用で、高検出感度で連続測定します。
  • 大気導入管に加熱ヒータを内蔵していますので、導入管への塩化水素の吸着はありません。
測定対象 大気中の微量塩化水素
測定方式 双イオン電極法
測定範囲 0~50ppb
測定周期 3時間
測定精度 再現性 :フルスケールの±2%以内
ゼロドリフト :フルスケールの±3%/24H
スパンドリフト:フルスケールの±3%/24H
試料ガス流量 20L/min