京都電子工業株式会社

製品紹介

液体試料中水銀測定装置 <MD-700A>

MD-700

原理

分析試料中の水銀は様々な形態で存在します。
そこで適量の試料を秤量し、例えば硫酸や硝酸などの酸を用いて試料中の有機物を分解します。
ここまでの操作を前処理と呼び、次に測定が行われます。
前処理で得られた分解溶液中の水銀の形態はHg2+となり、
この溶液に還元剤を加え通気させ原子状水銀Hg0を発生させます。
Hg0はキャリアーガス(水銀を除去した室内空気)により吸収セルに運ばれ水銀の波長(253.7nm)を吸収します。
湿式分解後、還元反応を用い水銀を原子化させ全水銀として測定する方法が還元気化―冷蒸気原子吸光法です。

用途

  • 環境(上下水、河川水、湖水、海水、底質、廃水、土壌酸溶出溶液、等)、生物、生体(血液、尿、毛髪等)試料、工業製品(RoHS関連物質、等)蛍光灯等の廃棄物試料、などの水銀濃度測定。

特長

  • 公定法に対応した還元気化法の測定が簡単に行えます。
  • 試薬分注器を標準搭載していますので、分注用ピペットが不要で作業も簡単に行えます。
  • データ処理装置を内蔵していますので、簡単な操作で測定結果が得られます。
  • USBメモリに測定結果を保存し、専用ソフトなしでパソコンで測定結果を読み込むことが可能です。
  • 内蔵データ処理以外に、パソコンによる水銀測定制御ソフトウェアMD-Winを用意しており
    操作性を更に向上させます。

仕様

試料量 5mL、20mL、100mL、250mL
検出部
測定原理 非分散ダブルビーム冷原子吸光法
検出下限 0.5ppt (2.5pg /5mL)
測定上限 200ppb (1000ng /5mL)
除湿部 電子冷却方式
水銀回収部 水銀専用活性炭
エアポンプ部 0.2~0.5L/min
試薬分注部
試薬分注ポンプP1 0.01~10.0mL
試薬分注ポンプP2 0.01~10.0mL
試薬分注ポンプP3 0.01~5.00mL
内蔵データ処理装置部
検量線式 10点
測定結果 ピーク高、面積積分
統計計算 平均値、標準偏差、変動係数
GLP機能 使用時間、ランプ点灯時間、水銀吸着量、消耗品交換時期
終了条件 ピークの高さを判定し測定終点時間を決定
高濃度検知 閾値の設定で、高濃度汚染を防止
表示画面 約3インチ液晶、単色(128×64ドット)
操作 シートキー
外部入出力
PC/PRINTER パソコン/IDP-100接続
SAMPLE CHANGER サンプルチェンジャー接続
FMC-700 水銀捕集管焼出炉接続
外形寸法
水銀検出器 幅220×奥行456×高さ396mm(配管除く)
還元気化ユニット 幅114×奥行223×高さ240mm