京都電子工業株式会社

製品紹介

液体/気体試料中水銀測定装置 <MD-700D>

MD-700D

原理

本システムはオプションの追加により液体試料と気体試料で、3通りの組み合わせの測定が可能なシステムです。
液体試料は湿式前処理後、還元気化法で測定します。
さらに金アマルガム法を加え、還元気化-金アマルガム法によって、より高精度な測定が行えます。
一方、気体試料は水銀捕集管で気体中水銀をサンプリング後、この水銀捕集管を水銀捕集管焼出炉に装填し、
MD-700Cで述べた水銀捕集管―加熱気化法により測定が行えます。
本装置は実験室が手狭で設置場所が限られてしまうような場合には有用なシステムです。
ご使用に際して液体試料と気体試料を測定するような場合、2機種のご購入の必要がないため高い経済効果が得られます。

用途

  • 環境(上下水、河川水、湖水、海水、底質、廃水、土壌酸溶出溶液、等)、生物、生体(血液、尿、毛髪等)試料、工業製品(RoHS関連物質、等)蛍光灯等の廃棄物試料、などの水銀濃度測定。
  • 有機溶媒から水層への逆抽出溶液中の水銀定量などの水銀濃度測定。
  • 排ガス、一般環境大気、作業環境ガス、ソイルガス試料などの水銀濃度測定。

特長

  • MD-700BとMD-700Cの両機能を搭載した、他社にない液体/気体試料用水銀測定装置です。液体試料の水銀ガス導入口と気体試料の水銀ガス導入口が異なっていますので、液体試料測定時に発生する酸ミストにより配管が汚れても、大気中水銀の測定時に水銀の吸着が起こりません。

仕様

試料量 5mL
検出部
測定原理 非分散ダブルビーム冷原子吸光法
検出下限(液体) 0.5ppt (2.5pg /5mL) ※一定条件による
検出下限(気体) 0.01ng ※一定条件による
測定上限(液体) 200ppb (1000ng /5mL)
測定上限(気体) 1000ng
除湿部 電子冷却方式
水銀回収部 水銀専用活性炭
エアポンプ部 0.2~0.5L/min
試薬分注部
試薬分注ポンプP1 0.01~1.00mL
試薬分注ポンプP2 0.01~1.00mL
試薬分注ポンプP3 0.01~5.00mL
データ処理装置部 MD-Winを使用
水銀捕集部
予熱温度 150℃
加熱温度 750℃
水銀捕集管焼出炉
加熱温度 750℃
洗気、除湿部 電子冷却方式
外形寸法
水銀検出器 幅220×奥行456×高さ396mm(配管除く)
還元気化ユニット 幅114×奥行223×高さ240mm
水銀捕集管焼出炉 幅200×奥行250×高さ369mm(配管除く)