京都電子工業株式会社

製品紹介

ポータブル屈折計 <RA-130>

ra130
  • 広い測定レンジ : Brix 0 ~ 85% : 屈折率 1.3200 ~ 1.5000
  • データ記憶量は、最大1100検体
  • 赤外線ポートを使用し、付属のソフトウェアでパソコンにデータ転送が可能
  • 自動データ保存、自動データ出力は任意に設定可能
  • 測定値の表示は、屈折率、温度補償屈折率、Brix%など
  • 糖度換算テーブルBrix、異性化糖HFCS42、HFCS55の3種類が入っています
用途: 1) 果実類の糖度測定
2) はちみつやジャムなどの糖度測定
3) 飲料類のBrix測定
4) 薬品や薬液など、液体試料の濃度管理

仕様

測定範囲 nD : 1.3200 ~ 1.5000
Brix : 0 ~ 85%
HFCS42 : 0 ~ 76%
HFCS55 : 0 ~ 80%
測定精度 nD : ±0.0005
Brix : ±0.2%
HFCS42/55 : ±0.2%
分解能 nD : 0.0001
Brix : 0.1%
HFCS42/55 : 0.1%
測定温度範囲 10 ~ 40°C
表示内容 屈折率、温度補償屈折率、Brix、HFCS42、HFCS55、および 温度(°C/°F)、試料No.、データ保存、データ出力、データ削除、電池消耗度合、等々
温度補償機能 測定試料の温度補償係数および補償温度の入力が10種類可能
データ記憶数 1100検体
外部出力 コンピュータ接続またはプリンタ接続のいずれかで可能
・IrDAによる接続は、標準対応
・RS-232Cによる接続は、オプションの赤外RS変換器が必要
質量 約 200g
電源 DC3V (1.5Vアルカリ単4乾電池2本)