京都電子工業株式会社

製品紹介

屈折率標準液

ref_sol2
jcsslogo

当社は、認定基準としてISO/IEC 17025(JIS Q 17025)を用い、認定スキームをISO/IEC 17011に従って運営されているJCSSの下で認定されています。JCSSを運営している認定機関(IAJapan)は、アジア太平洋試験所認定協力機構(APLAC)及び国際試験所認定協力機構(ILAC)の相互承認に署名しています。当社標準物質課は、国際MRA対応JCSS認定事業者です。JCSS 0115は、当標準物質課の認定番号です。

国内初! 国際MRA対応
屈折率標準液および屈折率計のJCSS校正事業者に認定されました。
JCSS認定 屈折率標準液

京都電子工業株式会社は、密度・屈折率の事業区分で屈折率標準液と屈折率計のJCSS校正事業者として認定されました。
また、当社が発行するJCSS校正証明書はすべて、 国際的相互 認証取決め(MRA:Mutual Recognition Agreement)にも対応しております。
お客様の当社屈折率計の品質が国際的に承認される証明となります。 
屈折率標準液および屈折率計のJCSS認定校正事業者で国際MRA対応をしているのは国内で当社だけです。
更に、屈折率標準液は密度標準液と同等に、認証標準物質(CRM)の位置づけとして、ISO/IEC 17025に加えてISO Guide34にも適合していると認定されましたので、標準物質としての認証書も発行することができます。

屈折率標準液の利用について

屈折率標準液は、デジタル屈折計の品質を保証するために使用されます。
デジタル屈折計は測定操作が非常に簡単なうえ、試料の濃度や成分などを分析できることから、食品、化学、油脂、医薬品など、広い分野で使用されています。
常に信頼できる測定結果を得るために、屈折率標準液による信頼性評価をお薦めします。
屈折率標準液は以下の種類と各濃度のBrix換算溶液を用意しています。
デジタル屈折計の測定範囲に合せて、各屈折率の標準液を揃えています。
校正値の保証期間は下記のとおりです。

屈折率標準液 屈折率nD
at 20℃
拡張不確かさ(k=2)
nD
容量 保証期間
純水 1.332** 0.00001nD 10mL 12ヶ月
イソオクタン 1.391** 0.00004nD 10mL 12ヶ月
シクロヘキサン 1.426** 0.00004nD 10mL 12ヶ月
トルエン 1.496** 0.00004nD 10mL 12ヶ月
2,4-ジクロロトルエン 1.546** 0.00004nD 10mL 12ヶ月
1-ブロモナフタレン 1.657** 0.00004nD 10mL 12ヶ月
屈折率標準液 nD / Brix% / nD
at 20℃
拡張不確かさ(k=2)
nD / Brix%
容量 保証期間
5% Brix 溶液 1.340**nD
5.** Brix%
0.00002nD
(Brix 0.01%)
10mL 30日
10% Brix 溶液 1.347**nD
10.** Brix%
0.00002nD
(Brix 0.01%)
10mL 30日
20% Brix 溶液 1.363**nD
20.** Brix%
0.00002nD
(Brix 0.01%)
10mL 30日
30% Brix 溶液 1.381**nD
30.** Brix%
0.00002nD
(Brix 0.01%)
10mL 30日
40% Brix 溶液 1.399**nD
40.** Brix%
0.00002nD
(Brix 0.01%)
10mL 30日
50% Brix 溶液 1.420**nD
50.** Brix%
0.00002nD
(Brix 0.01%)
10mL 30日
品目コード 品名(製品/部品名称) 容量 保証期間
12-01610 純水/2本セット
JCSS校正証明書付
10ml 12ヶ月
12-01610-02 純水/2本セット 10ml 12ヶ月
12-04077 イソオクタン/純水/各1本
JCSS校正証明書付
10ml 12ヶ月
12-04077-02 イソオクタン/純水/各1本 10ml 12ヶ月
12-04078 シクロヘキサン/純水/各1本
JCSS校正証明書付
10ml 12ヶ月
12-04078-02 シクロヘキサン/純水/各1本 10ml 12ヶ月
12-04079 トルエン/純水/各1本
JCSS校正証明書付
10ml
毒劇物
12ヶ月
12-04079-02 トルエン/純水/各1本 10ml
毒劇物
12ヶ月
12-04080 ジクロロトルエン/純水/各1本
JCSS校正証明書付
10ml 12ヶ月
12-04080-02 ジクロロトルエン/純水/各1本 10ml 12ヶ月
12-04082 1-ブロモナフタレン/純水/各1本
JCSS校正証明書付
10ml 12ヶ月
12-04082-02 1-ブロモナフタレン/純水/各1本 10ml 12ヶ月
12-04083 5% Brix溶液/2本セット
JCSS校正証明書付
10ml 30日
12-04083-01 10% Brix溶液/2本セット
JCSS校正証明書付
10ml 30日
12-04083-02 20% Brix溶液/2本セット
JCSS校正証明書付
10ml 30日
12-04083-03 30% Brix溶液/2本セット
JCSS校正証明書付
10ml 30日
12-04083-04 40% Brix溶液/2本セット
JCSS校正証明書付
10ml 30日
12-04083-05 50% Brix溶液/2本セット
JCSS校正証明書付
10ml 30日
12-04083-10 5% Brix溶液/2本セット 10ml 30日
12-04083-11 10% Brix溶液/2本セット 10ml 30日
12-04083-12 20% Brix溶液/2本セット 10ml 30日
12-04083-13 30% Brix溶液/2本セット 10ml 30日
12-04083-14 40% Brix溶液/2本セット 10ml 30日
12-04083-15 50% Brix溶液/2本セット 10ml 30日

「拡張不確かさ」とは、測定結果に付随する多くの誤差要因により、測定値の信頼性がどの程度あるかを示す値です。包含係数k=2とした場合、その信頼率は、ほぼ95%に相当します。

計量法校正事業者登録制度(JCSS)の概要
JCSS(Japan Calibration Service System =計量法トレーサビリティ制度)は、平成5年11月に施行された改正計量法により導入された国家計量標準供給制度と校正事業者認定制度からなる制度です。

JCSSは、校正業務認定機関による事業者の技術能力の認定により、信頼性のある計測の国家標準へのトレーサビリティを確保することで、様々な試験・測定データの信頼性を根幹から支えるという非常に重要な役割を担っています。

国際MRA対応JCSS認定事業者は、計量法で規定された認定要件に適合することはもとより、認定基準として『試験所及び校正機関の能力に関する一般要求事項』(ISO/IEC17025)に適合し、さらに『国際的相互認証』(MRA)に対応しているため、認定機関の国際的・地域的な集まりである『国際試験所認定協力機構』(ILAC)や『アジア太平洋試験所認定協力機構』(APLAC)が定めた要求事項にも適合しています。
現在、ILACとAPLACには約50ヶ国、63の機関が参加しているので、当社がお客様のご要求により発行するJCSS標章付き校正証明書は国内はもとより海外のILACとAPLACに加盟している国に於いても広く受け入れられます。