京都電子工業株式会社

製品紹介

迅速アルコール測定キット<SD-700>

sdksystem

※写真は「迅速アルコール測定キット」に「振動式密度比重計 DA-155」を組み合わせた「SDKシステム」イメージです

紹介動画

SDKシステム 測定の流れ(YouTube)
YouTubeの再生ページを開く

迅速アルコール測定システム
動画を再生する

SDKシステムは、九州酒造研究会との共同研究により考案した技術を弊社が製品化したものです。

迅速アルコール測定システムの操作方法
動画を再生する

※ 閲覧環境によっては動画が再生できない場合がありますのでご了承願います。

(「SDK法」を用いた測定手順はこちらまで*)

注意* SDK法:水蒸気蒸留装置と重量法を組合わせた振動式密度計によるアルコール分の測定「SDK法」を用いた一部酒類の測定手順は、現時点において「国税庁所定分析法と異なる測定方法で合理的かつ正確であると認められる方法」として認められていません。

SDKシステムは、振動式密度計・水蒸気蒸留装置・電子天秤・PC・専用ソフトで構成されており、前処理(DIST-700水蒸気蒸留装置)により、蒸留酒・醸造酒のエタノール、水とエキス分を分離し、得られた留液(エタノール、水)の密度から、アルコール濃度を算出する方法です。
SD-700迅速アルコール測定キットは、SDKシステムから振動式密度計を除いた装置構成(水蒸気蒸留装置・電子天秤・PC・専用ソフト)での販売ですので、過去に振動式密度計(DA-155/105/6xx/5xx)を購入いただいたお客様にもご使用いただけます。
この基本原理である、蒸留と密度からアルコール濃度を測定する方法は、歴史があり信頼性の高い方法です。

「SDKシステム」イメージ

特長

迅速

ろ過時間・蒸留時間の短縮、温度管理が不要です。

少量

30mlの試料量でも精度良く測定可能です。

正確

重量をもとにしているので、簡単・正確です。

クリーン

水蒸気なのでフラスコが焦げず洗浄も簡単。
サンプルは蒸留するから密度計がいつでもクリーン。

安全

水蒸気蒸留なので空焚きなどの心配がありません。

仕様

項目 SD-700 迅速アルコール測定キット
装置構成 DIST-700水蒸気蒸留装置(日本ビュッヒ株式会社製)
FZ-500i 電子天秤(株式会社エーアンドデイ製)
PC(専用ソフト含む)
測定項目 アルコール度・日本酒度・エキス分(注1)
測定範囲 0~30vol%
繰り返し性 0.03vol%SD程度(注2)
測定時間 11min (100ml)
7min ( 30ml)
最小試料量 30ml
測定可能試料 日本酒・酒母・もろみ
ビール・ワイン・リキュール(梅酒)・焼酎 等

(注1) 日本酒度・エキス分は、国税庁所定分析法の清酒、合成清酒に相当します。
(注2) 繰り返し性は、お酒の種類により異なります。