京都電子工業株式会社

製品紹介

滴定結果解析ソフト <Tview6>

tview6_at
tview6_kf

上図:電位差滴定装置結果表示例、下図:カールフィッシャー水分計結果表示例

  • 装置の滴定結果をUSBメモリまたはCFカードを使用して、パーソナルコンピュータに取り込み、滴定結果データの管理と解析を行うことができます。
  • パーソナルコンピュータに取り込める滴定結果データ数は制限が無いため、データの一括管理ができます。
  • 滴定結果データから、抽出機能を利用して必要な結果データをすばやく取り出すことができます。
  • 滴定結果を自由な書式で「Microsoft® Word」へ自動出力することができ、報告書を作成することができます。
  • グラフの重ね書き(AT-710B,AT-700,AT-610,AT-510)、統計計算機能を使用して、滴定結果のデータ解析を 行うことができます。
  • 再終点判断(AT-710B,AT-700,AT-610)、再計算機能を使用して、滴定結果のデータ再解析を行うことができます。

このソフトウェアが使用できる測定装置は、下記製品です。
(1)電位差自動滴定装置: AT-700、AT-610、AT-510
(2)容量法カールフィッシャー水分計: MKA-610
(3)電量法カールフィッシャー水分計: MKC-610

必要システム項目 内容
オペレーティングシステム Windows® 10 pro 64bit
Windows® 7 Professional 32bit
コンピュータ本体 上記のオペレーティングシステムがインストールされたコンピュータ
ハードディスク 500MB以上の空き容量
ディスプレイ 1024×768以上表示可能なディスプレイ
ドライブ CD-ROMドライブまたはDVD-ROMドライブ
PC Card Standard TypeⅡが1スロット、または外付CFカードリーダ
(AT-610/MKA-610/MKC-610/AT-510をCFカードで使用時)
USBポート 1ポート必要
(AT-710B/AT-700/AT-610/MKA-610/MKC-610をUSBメモリで使用時)