京都電子工業株式会社

製品紹介

IoT無線ユニット

WBGT-iot-unit-main

「熱中症指標計 WBGT-203B・213BN」に接続することで、測定データをクラウドに自動送信します。
測定データは、WebアプリのログインIDとパスワードがあれば、インターネットに接続されたさまざまな端末から閲覧可能です。
この「IoT無線ユニット」は、さまざまな設置方法に対応でき、より手軽に本格的な熱中症予防に取り組んで頂くことができます。

WBGT-203B接続例 WBGT-213BN接続例

特長

面倒な契約や手続きなし

IoT無線ユニットの本体価格に5年間※1の通信費が含まれているため、ご購入後すぐにご利用開始頂けます。
※1 初回通信(初回電源投入時)から5年間

一定周期又はスイッチによる任意のタイミングで

各測定値を取得できます。(測定日時・WBGT値・気温・湿度・黒球温度 などを取得可能)設定された周期もしくは、ワンショット測定ボタンを押す事で各測定値がクラウドに送信・保存※2されます。保存されたデータは、CSV形式で書き出すことが可能です。
1日の送信回数は、140回までとなっています。
※2 クラウドサーバー上に保存できる期間は1年間です。

測定データはどこに居ても見ることができます

測定データは、スマートフォン・タブレット・PC など、インターネットにアクセス可能な端末で閲覧することができます。また、測定データはCSV形式ファイルで書き出し可能です。

通信範囲が広いので設置もらくらく

Wi-Fi や Bluetooth®と違い、範囲※3が広い通信システム「Sigfox」を採用、中継器なども不要で設置が簡単です。設置には、三脚用・壁掛け用などのブラケットをご用意していますので安心です。
※3 人口カバー率95%(2019年3月現在の目標値)
注)設置場所によって電波の届かない場合があります。

 

最新のSigfox通信エリア

https://www.sigfox.com/en/coverage

 

仕様

通信システム Sigfox
通信回数 MAX140回/日
外形寸法 幅約69mm×高さ約115mm×奥行約19.5mm(突起部含まず)
電源 単4アルカリ乾電池 2本

 

装置構成

IoT無線ユニット 1台
壁掛け・三脚取付ブラケット 1式
接続ケーブル(1m・30cm) 各1本
単4アルカリ乾電池(動作確認用) 2本
取扱説明書 1部

 

WEBアプリ

クラウドに蓄積された測定値をWEBアプリを介して閲覧できます。
パソコンをはじめ、スマートフォンやタブレットなど、WEB接続環境があればどこでも閲覧可能です。

日本全国
屋内体育施設
学校など
屋外体育施設
工場など
巡回測定

 

設置例

三脚取付例 壁面取付例 ストラップ使用例

参考

■公益財団法人 体育施設協会 「スポーツ施設における熱中症対策ガイドライン」

http://www.e-qq.info/aak/trauma.html#guideline