京都電子工業株式会社

製品紹介

定置形暑熱環境計 <WBGT-101S>

wbgt101s

屋外での連続定点測定が可能な暑熱環境計(WBGT計)です。

特長

温熱環境やスポーツ環境における熱中症事故の防止を目的として使用するWBGTを計るための気温、湿球温度、相対湿度および黒球温度計が一体となった定置型測定器です。屋外の測定データを屋内で監視することができます。

  • 気温(乾球温度)はサーミスタで測定、湿球温度は湿度センサで測定した相対湿度と乾球温度から算出、黒球温度は標準の直径150mmの黒球で測定
  • 測定部、データ送信部、データ受信部、データ処理ソフトより構成
  • データ受信部を屋内に設置することで、屋外での測定データを屋内で監視可能
  • データ送信には、無線通信や光ファイバーなど設置環境に合わせた通信方式に対応可能(別途打合せが必要です)

主な仕様

測定範囲 測定精度
測定仕様 WBGT値 0~50℃ ±1.0℃
(at 15℃~35℃)
気温 0~50℃ ±1.0℃
(輻射温度効果が±15℃以内)
湿球温度 0~50℃
相対湿度 10~90%RH ±5%
(at 20~80%RH)
黒球温度 0~60℃ ±2.0℃
(at 15℃~45℃%)

カタログにつきましては、最寄の支店・営業所にお問合せください。