京都電子工業株式会社

製品紹介

全りん/全窒素自動測定装置 <WPA-1000>

WPA-1000_400px

用途

河川・湖沼・閉鎖性水域及び事業所等の排水中に含まれる全りん/全窒素の自動監視装置です。

特長

  • 第5次水質総量規制時に導入され、好評をいただいているWPA-58の後継機です。
  • 前処理には加熱分解法を採用しており、手分析との間に高い相関があります。
  • WPA-58同様メンテナンスが容易な構造になっています。
  • 希釈部を内蔵化し、省スペース化を実現しました。
  • 測定データをcsvファイルで保存することが可能です。報告書の作成が容易になりました。
  • 試薬消費量と廃液量の低減により、試薬交換周期が最大2倍に延びました。

 

測定対象 排水中の全りん/全窒素
測定方式 全りん:アルカリ性ペルオキソ二硫酸カリウム加熱分解.モリブデン青吸光光度法
全窒素:アルカリ性ペルオキソ二硫酸カリウム加熱分解.紫外線吸光光度法
測定範囲 全りん:0~0.5 mgP/L または 0~1.0 mgP/L選択
全窒素:0~2.0 mgN/L または 0~5.0 mgN/L選択
希釈装置 最大500倍希釈が可能
測定精度
(標準液にて)
全りん 繰り返し性:フルスケ-ルの±2%以内
全窒素 繰り返し性:フルスケ-ルの±2%以内