京都電子工業株式会社

製品紹介

品質保証に関して

平素は弊社製品をご使用いただき誠にありがとうございます。
弊社の製品及び部品は製品の仕様書に従い製作し、厳重な管理の元で、所定の検査に合格したものを出荷しております。
また、修理及びメンテナンスは所定の訓練を受けた担当者が実施していますが、万一、保証期間内に弊社の責による欠陥または不具合が生じた場合は、速やかに誠意を持って無償にて交換または修理を致します。

無償保証期間と無償保証範囲の制限

無償保証期間

  • 1. お客様と弊社との間で仕様書、契約書等で別段の取り決めが無い場合は、製品の無償保証期間は、お客様が製品を受領された日或いは弊社または弊社の指定するサービス員により据付が完了した日から1年間とさせていただきます。
  • 2. 弊社が実施している定期点検時の交換部品の無償保証期間は点検完了後3ヶ月とさせていただきます。
  • 3. 弊社が販売した修理用部品または消耗部品の無償保証期間はお客様が部品を受領された日から3ヶ月とさせていただきます。
  • 4.無償保証案件への対応方法は、弊社の判断により、製品あるいは部品を良品との交換か、修理作業等により行います。
  • 5. 使用環境、使用条件、使用方法及び使用頻度などにより、製品の寿命に影響を及ぼす場合は、この保証期間が適用されない場合があります。
  • 6. 無償保証期間中に故障した場合は現品に保証書を添えてお買い上げ代理店または弊社宛ご用命ください。保証書を添付頂けない場合またはお買い上げ日が特定出来ない場合は有償修理となりますのでご了承ください。
  • 7. 本保証に基づいて修理或いは交換をした部品の無償保証期間は、修理完了或いは部品交換後3ヶ月または当該部品が組み込まれた製品の残余無償保証期間の、いずれか長い方とします。
  • ※ 無償保証期間終了後の修理・点検等、アフターサービスについてご不明な点は、弊社の各サービスステーションまでお問合せください。

無償保証期間の制限

無償保証期間中に発生した不具合の内、不具合の原因が以下の項目のいずれかに該当する場合は、この保証の対象から除外させて頂き、有償修理とさせて頂きます。

  • 1. 弊社社員或いは弊社が指定した者以外の方(例えば、お客様自身または承認されていない第三者)による部品の交換または製品の修理および改造をされた場合
  • 2. 弊社が保守交換用部品または消耗部品として指定した以外の部品をご使用になられた場合
  • 3. 取扱説明書の記載内容を逸脱する、使用環境、使用方法、メンテナンス、保管方法での使用。または製品カタログ或いは仕様書に定めた範囲、条件以外でご使用になられたことにより故障が生じた場合(下記のような場合)
    • 1) 落下、水没等の不注意な取り扱いにより破損した場合や故障が生じた場合
    • 2) ガラスや樹脂などに対し過大な力が加えられる事により破損した場合や故障が生じた場合
    • 3) 測定試料の性状(腐食性,固形物等)により動作不良やリークが生じた場合
    • 4) 弊社当該製品以外の機器、部品、薬品等に故障の原因がある場合
    • 5) 過度のご使用による部品疲労、摩耗の場合
    • 6) 電池の液漏れなどによる場合
  • 4. 所定の点検、整備が行われていない場合
  • 5. 受け渡し、据付後の移動及び輸送による場合
  • 6. 火災、地震、落雷、水害、その他の天災による場合

また、弊社社員または弊社が指定した者以外の方による製品及び部品の規格、機能の変更または改造が行われた場合は、以後の修理・点検及び保証は一切いたしかねます。

以上の内容は、日本国内でのお取引および御使用を前提とするものです。日本以外でのお取引およびご使用に関しては、弊社に別途お問合せください。

※ 本保証内容は、お客様の法律上の権利を制限するものではありません。

補修部品の供給

  • 1. 生産中止した弊社製品につきましても生産中止後、有償で原則 7 年間は部品を供給し、 補修に応じます(パーソナルコンピュータ等弊社製品以外は除きます)。
    ただし諸事情に より、補修部品が調達不可能で代替品がないときは、7 年未満であっても部品供給ができ ない場合がありますことをご了承ください。
  • 2. 修理または交換により製品の持つ本来の性能を発揮させるために、弊社社員または弊社が指定した者による調整作業や確認作業を必要とする部品につきましては、原則として部品のみの販売はいたしておりません。必ず交換作業を弊社の各サービスステーションにご用命ください。
  • 3. お客様のご都合で、部品のみ単独でご購入された場合は、開封後の部品及び交換により発生した製品の不具合については保証いたしかねますのでご了承ください。

性能保証年数及び修理対応期間

  • 1. 通常のご使用環境および保管状態が正常な場合において、製造後 10 年を経過した製品 につきましても、原則として製品の修理及びメンテナンスはお引き受けいたしますが、次の 事項を鑑み修理及びメンテナンス後の性能保証はご容赦ください。 (ただし、ご使用環境、 保管状態によってはこの期間が短くなることがあります。)
    • 1) 部品の生産中止、改良等により、納入初期と同等の部品入手が困難になる
    • 2) 製品寿命による精度の低下
    • 3) 設備保全費用の増大による維持管理の限界
    • 4) 技術または機能的な面での陳腐化
  • 2. 製造後15年を経過した製品については、年数経過により性能を維持するのが難しく、原則として修理をお断りさせていただきます。
  • ※ 修理対応期間内で、有償修理後3ヶ月以内に不具合が発生した場合は無償にて再修理いたします。(ただし、同一故障の場合のみで故障内容、故障箇所が異なる場合は有償となります。)

修理・交換限度

次のような場合は、お客様のご要望にお応えできない場合があります。

  • 1. 修理ご依頼時において、症状の再現性が乏しく、更に弊社規定の診断プロセス(温度・湿度試験、振動試験等を含め)においても再現不可能な場合は、そのまま点検、調整、校正作業を行い、納品させて頂くことがあります(有償扱いとなります)。
  • 2. 損傷が大きい製品の修復作業については、修理をお断りすることがあります。
  • 3. お客様先での点検・修理において、機器の設置環境が危険な場所または人体に危害を受けると判断される場合、点検・修理サービスをお断りすることがあります。

免責

無償保証期間の内外を問わず、弊社の責任に帰することができない事由から生じた損害、弊社の製品の故障に起因するお客様の機会損失、逸失利益、又弊社の予見の有無に関わらず、特別の事情から生じた損害、二次損害、事故補償、弊社製品以外への損傷およびその他の業務に対する補償については、弊社は責任を負いかねます。

弊社製品の使用を理由とする物理的及び経済的な損害や損失また、適用製品の修復作業等における記憶データの消失につきましても、一切の責任を負いかねます。

お客様へのお願い

より早く、より確実な修理が行えるよう以下のご協力をお願いいたします。

  • 1. 修理を行う上で必要な情報(使用方法、使用環境条件、不具合内容、不具合内容を示すデータや資料等)のご提供をお願いいたします。
  • 2. お客様先での点検・修理において、技術者が作業を行うためのスペースと付帯設備(テーブル、椅子、AC100V電源等)のご提供をお願いいたします。
  • 3. お客様先での点検・修理において、修理製品の消耗品(電池、記録紙、試薬等)は、お客様の物品を使用させていただくことがあります。
  • 4.製品が無償保証期間中の場合、必ず現品に「保証書」をご用意ください。特に製品の納入年月が流通過程での長期在庫等により製造年月に対して大幅に開きがある場合など、無償保証期間中であることの証明をする「保証書」が必要になります。
  • 5.定期点検,校正は、点検を実施した製品の有効期限内の性能を保証するものではなく、点検を実施した時点の製品の健全性を検証する作業になります。